研究拠点の活動

・HPのデータを移行しました。(2021.1.18)

・国際シンポジウムを、Marine Biotechnology Conference 2019と本拠点との共同セッションとして、以下の内容で開催しました。(2019.9.12)
【Chairs】
    Yoshiko Okamura (Hiroshima University)
    David Kisailus (University of California, Riverside)
【Speakers】
    Kenneth H. Nealson (University of Southern California) “Bacterial Formation and Dissolution of Insoluble Metal Complexes, and its Impact on the Global Cycling and Distribution of Iron and Manganese.”
    Sarah S. Staniland (University of Sheffield) “From Biomineralisation of Magnetosome to Biomimetic Magnetic Nanoparticles for Future Application”
    Yoriko Tominaga (Hiroshima University) “Crystallinity of biogenic compound semiconductors”

・第2回拠点セミナーとして、東京大学・准教授の鈴木道生先生をお招きして、「バイオミネラリゼーション~なぜ生物は金属鉱物を生成できるのか?~」の発表を行って頂きました。(2019.3.18)

・第1回拠点セミナーとして、金沢工業大学・教授の上田修先生をお招きして、「有機試料・バイオ関係のTEMによる結晶性解析について」の発表を行って頂きました。(2019.3.6)

・メンバーの真木祥千子助教が、東北大学多元物質科学研究所講師として栄転されました。(2018.11.1)

・当バイオジェニックナノマテリアル融合研究拠点が、広島大学のインキュベーション研究拠点として採択されました。(2018.5.22)